自分で投資した場合に考えられる失敗例

自分で投資した場合に考えられる失敗例

マイユニバーサルウォレットは自分で投資の売買をする必要がありませんが、もし自分でやる場合はどのような失敗をする可能性が考えられるかまとめてみました。

マイユニバーサルウォレット公式HP

投資で考えられる失敗例

それでは自分で投資する場合、どのような失敗があるか考えていきたいと思います。

運用資金だけではなく、生活費まで使ってしまう

自分で投資を行う場合は、あらかじめ運用資金を決めていても、必ず守れるとは限りません。もちろん投資できる資金が多ければ利益も多くなりますが、生活自体ができなくなってしまっては元も子もありませんよね。

生活費を稼ぐための投資が、いつの間にか投資のために生活費を使う状況にならないように気を付けないといけません。マイユニバーサルウォレットは運用プランが決まっているので、そんな心配をする必要はありませんね。

損切りができない

私は投資のことに詳しくありませんが、損切りができない人がいるというのは聞いたことがあります。

損失を最小限にするために迅速な判断ができる方は問題無いですが、損切りを行わずに株を保有し続けることで、大きな損失を出してしまう人は少ないようです。

いざ自分がその立場になったら、私も損切できない人になってしまいそうな気がします。

もっと欲を出してしまう

自分の期待通りに利益が確定したら、本来はそれで満足するはずです。しかし、もっと上がってほしいと欲を出し過ぎて利益を確定しない方もいらっしゃいます。

そして利益が徐々に下がっても「また上がるだろう」と期待して売り時を逃してしまい、結局損をしてしまいます。ついつい欲を出してしまう気持ちは分かりますので、人間であればしょうがない部分もあるのかもしれません。

AIのような機械であればプログラム通りに売買をするだけなので、そんな欲に左右されることはありません。

ギャンブルと勘違いしてしまう

投資は利益を出すために様々な準備をして、迅速な判断をして売買を行っていく必要があります。

しかし、価格が上がったり下がったりすることにスリルを感じてしまい、投資をギャンブルだと感じてしまう方がいるようです。

そうなってしまうと冷静な判断ができなくなり、大きな損失を生んでしまう可能性も出てきます。

自分で投資をするリスクよりもプロに頼る

やはり中途半場な経験や知識で投資をやるに様々な失敗をしてしまう可能性がありますね。

マイユニバーサルウォレットのような投資のプロに頼った方が利益が出る確率が格段に上がることが分かっていただけたと思います。

マイユニバーサルウォレット公式HP TOPページを見る