マイユニバーサルウォレットでも使われているAI(人口知能)の特性

マイユニバーサルウォレットでも使われているAI(人口知能)の特性

皆さんは今後AIが人の仕事を奪っていくかもしれないという話を聞いたことがあるでしょうか?しかし何でもAIが仕事するようになるというわけではなく、AIの得意分野に関わる職種がそう考えられています。ではAIの得意・不得意の分野をみていきます。

マイユニバーサルウォレット公式HP

AIの得意なこと

それではまずはAIの得意なこととそれに関わる職業はどんなものがあるかお話していきたいと思います。

単純作業の繰り返し

AIは単純作業の繰り返しが得意なので、商店のレジ、オペレーター、パソコンを使った事務作業などは今後AIにかわっていく可能性が高いと言われています。

人間は単純作業を繰り返していくとミスをしてしまいますが、機械はミスをしませんし、人間よりも圧倒的に作業スピードが速いですよね。またオペレーター業務も定型的な質問については、チャットbotが活用されています。

今後はAIで対応できないトラブルや特殊なケースのみ人間が対応するという日が来るかもしれません。

ルールが複雑でも早く正確にこなす

一見ルールが複雑そうな仕事内容でも、1度覚えてしまえばAIのほうが有利と考えられています。データ入力作業、銀行の融資担当といった判断基準が明確な仕事であれば、今後AIにかわっていくかもしれません。

国家資格を有するような高給の仕事でも、これに該当するような職種は無くなる可能性も考えられます。

AIの不得意なこと

では次にAIの不得意なこととそれに関わる仕事についてみていきたいと思います。

コミュニケーション

介護職、保育士、教師などはコミュニケーションをしながら柔軟な対応をする必要があるため、AIには対応が難しいと言われています。

たしかに決められた仕事をするだけではなく、対人間というシチュエーションはやっぱり人間にしか分からない部分がありますね。

創造力を働かせる

クリエイティブな分野もAIは苦手と言われています。AIは過去の膨大なデータを元に判断するため、新しいものを生み出す力や前例の無いケースの対応が難しいためです。

人間には豊かな想像力が備わっているので、AIにはできない仕事もたくさんありますね。

投資はAIの得意分野

こういった得意・不得意はありますが、マイユニバーサルウォレットのような投資はAIの得意分野です。つまり人間の能力よりも高いパフォーマンスを発揮できるということだと思います。

しかも、マイユニバーサルウォレットは最先端のテクノロジーが使われているので、あり得ないような利益を生み出すことができているようです。

マイユニバーサルウォレット公式HP TOPページを見る